イメージ画像

荷物が少量の引越し

引越し少量プランの活用

引越しすることがきまり、荷物が少量だった場合、 お得に経済的に引越しをしたいという気持ちが募りますね。 現在どの引越し業者でも、少量の荷物で引越しできるプランを持っています。 しかも、少量の荷物だと、かなり安く抑えられるので、人気があります。

引越しはパワーのいる作業です。 できるだけ少ない労力で、引越しを完了させたい場合は、引越し業者を頼るのがベストな選択です。

荷造りから、家電の設置までプランに入っていることもあります。 多様なプランがあるので、比較サイトなどで料金の底値をはじき出して吟味してみると、 安価での引越しも夢ではなくなります。 少量の荷物ならお得に引越しできますから、是非活用したいですね。

グッドラック引越しの「ミニ引越しプラン」は、ダンボール10個分で5,000円という安さです。 またクロネコヤマトは、少量引越しで近距離(50km以内)であれば、基本料金の半額割引適用になる 「おまかせフリー割サービス」が人気プランです。 口コミサイトなども参考にすれば、失敗もないでしょう。

レンタカーで引越しする

少量の荷物の引越しなら、わざわざ引越し業者に頼まなくても良いと判断する場合もありますね。 第三者が関わることが苦手な人もいるかもしれません。 もし自力で引越しできる程度の荷物なら、 いっそのことレンタカーを借りて引越しするのもいいかもしれません。

チェーン店のある大きなレンタカー屋では、現地の営業所に置いてこれる乗り捨て、 という制度もありますから、いちいち借りた場所まで戻らなくていいので便利です。 レンタカーの場合は、引越し業者のように距離で料金が決まるということがありません。 時間を基準にレンタルするので、軽トラックなどなら、2万円弱でレンタカーを借りることができます。 少量の荷物での引越しなら、自力引越しが効率がいいのは確かです。

レンタカーというわけではありませんが、梱包から搬入搬出は自分で行える トラックだけを請け負う佐川急便のチャータープランもあります。 移動は佐川の運転手が行いますのでレンタカーとは違いますが、運転免許を持っていない人には限りなく、 レンタカーの要素を持つ、こうしたプランが支持されています。

リサイクルショップを利用する

少量で引越しを済ませたいのなら、リサイクルショップに大型家具など不要なものを 引き取ってもらうのが良いでしょう。 捨ててしまうと粗大ゴミ回収の際の料金が掛かってしまいます。 役所なら1つ2,000円程度掛かりますし回収業者を利用するとその倍以上は掛かります。 お金をかけて引き取って貰うのは建設的ではありません。

リサイクルショップだと、安価とは言え買取してくれますし、 持ち込んで査定して貰わずとも、リサイクルショップの方で回収してくれます。 大型リサイクルショップは大抵回収してくれますので、問い合わせてみましょう。 少量の荷物で引越しを積極的に目指すことで、身軽になり引越し特有のストレスからも解放されます。

ブックオフのグループ会社であるハードオフは、家財家電の出張買取をしています。 引越し前に来てもらうと、面倒だった引越し自体が楽になります。 その場で査定して支払いをしてくれて、持ち帰ってくれますから便利です。

宅急便で大型家具家電のみ配送

大型家具家電の数が少なくて済む場合は、宅急便で配送するサービスを利用しましょう。 冷蔵庫や洗濯機、寝具に食器棚、そのうちの1つだけでも持っていきたい、 という場合におすすめできるサービスです。

単身者の多くが冷蔵庫だけ持っていくとか、洗濯機だけは持っていきたいと希望を持っています。 とくに大学生は、大きめの家電を上京する際に家族に持たされる傾向にあります。 予め予約していおいて、引越しあとに配送してもらうようにしておけば、 安価なオプションで洗濯機の設置等もお願いすることが出来て便利です。

少量なら宅急便が懐事情にも優しいです。 例えばヤマトホームコンビニエンスの「らくらく家財宅急便」ですと 高さ165cm+幅80cm+奥行40cm=285cmの食器棚で梱包付き11,250円で東京から大阪まで運んでくれます。 単身者などの引越しで大きめ家財家電を少量運搬したい時に、宅急便も活用すればお得に引越しできます。

友達の家を転々とした少量荷物の引越し

私は、以前にとても少ない荷物の引越しをしたことがあります。 どうして、荷物の少ない引越しをしたのかというと、 それは居候生活をしていたときの引越しだったからです。 私は20代前半の頃、勤めていた会社がなくなってしまい、 フリーターとして生計を立てることになりました。 しかし、フリーターの収入だけでは家賃が払えなかったため、 友達の家を転々としていた時期がありました。

友達の家にドカッとたくさんの荷物を持ち込むわけにはいきませんから、 必然的に引越しの荷物はいつも生活に最低限必要なものだけにしていました。 それらは、何日か分の衣服と下着、布団袋、それにちょっとした生活用品だけというシンプルさでした。 それゆえに、引越し業者もなるべく簡素に済む引越し業者にしようと思いました。

私が探していた中でそれに適している業者は軽トラックのところで、私は友達の家を転々とするたびに、 少ない荷物を持ってその業者のお世話になっていたというわけです。 生活に最低限必要なものだけを運ぶ引越しというのはとても引越しが楽で、 まさに身一つで転々としていたというイメージです。

引越しというと、引越し作業員が家電や家具などをたくさん運ぶ印象がありましたが、 自分で荷物の少量の引越しをしてみて、 荷物の多い引越しだけが引越しだけではないのだなと思いました。 引越しの荷造りにもほとんど時間がかからず、なおかつ引越し代金も安く済みましたので、 引越しの荷物は少なければ少ないほど良いということが、私はそのときの引越しでわかったのです。

このページの先頭へ

inserted by FC2 system